フリーランス・飲食店・美容室・ネイルサロンなど個人経営のお店、その他個人事業等の税務管理なら

個人事業主のための税金サポート

運営:税理士事務所century-partners
〒150-0022東京都渋谷区恵比寿南2-21-2 サウスヒル301 ※駐車場有

渋谷区の恵比寿にある税理士事務所です。

お気軽にお電話ください。

03-6712-2681

2019年の確定申告期限は2020年3月16日となります。現在申告のご依頼も受け付けておりますので、お気軽にご連絡くださいませ。

 

当事務所の大人気コンテンツで「副業が会社に秘密にする方法」を解説するセミナーへご参加ご希望の方は、下記のページをご確認くださいませ。4月5日に開催いたします。

セミナー情報はこちら

東京房地產投資の稅金など

日本の稅金・所得稅(台湾、臺灣、中華民国編)

我們是在日本專業的納稅代理人,稅理士.

台湾(中華民国)の方が日本・東京に不動産投資した場合の税金についてご紹介しています。

日本で部屋を貸すなら、日本で税金の申報が必要

日本でマンションなどを購入して、その部屋を貸して収入を得る(租金收入)場合には、原則として日本で確定申告をする必要が出てきます。

※利益が出ていない場合には、税金(個人所得税)が発生しませんので、申告(申報)しなくても構いません。しかし、青色申告を選択している場合には損失の繰り越しが可能ですので、申告した方がよい場合もあります。

納税管理人(日本での税金の窓口となる人物)を探しましょう。

日本にある不動産を貸して収入を得る場合には、日本で確定申告が必要です。

台湾にお住いの方は、日本では「非居住者」という扱いになります。非居住者は「納税管理人」を設定する必要があります。

納税管理人とは、税務署からの郵送物が送られてきたり、本人の代わりに確定申告を行ったり、税金を納めたりする人のことです。

確定申告は、納税管理人が行うこともできますし、税理士に依頼することもできます。

不動産の管理会社が納税管理人になってくれる場合もあります。

まずは納税管理人になってくれる方を、探してください。

※税務署への納税管理人だけでなく、都道府県税の納税管理人もお忘れなく。

青色申告の届け出を税務署に提出しましょう。

青色申告にすると10万円の控除が使えますので、不動産賃貸収入を得る場合には、青色申告の届け出を税務署に提出しましょう。

翌年の3月15日までに税務署に確定申告をして、税金を納める

日本では1月から12月までが一区切りです。1月から12月までの収入と経費(税金は収入から経費を引いた所得に対してかかります。さらに基礎控除(38万日本円が引かれます))を翌年2月16日から3月15日までに申告して税金を納めます。

每年1月1日~12月31日1年間的所有所得(※)計算後,在隔年的2月16日~3月15日的1個月內申告,並納付應付的所得稅。

※所得=收入-經費-個人控除(38万日本円)

遅れると無申告加算税や延滞税がかかります。

日本で発生する税金

固定資産税(都道府県税)

固定資産税とは、日本に土地や建物などを持っている場合に発生する税金です。

土地や建物以外でも償却資産税がかかる場合もあります。

東京にある不動産でしたら、担当は「都税事務所」となります。港区にある不動産の場合には「港都税事務所」となります。

所得税(国税・income tax)

日本に所在する不動産で収入がある場合には日本に課税権がありますので、日本で税金を払うことになります。

日本の税金では、不動産所得は確定申告と言って納税者自身が計算して、支払うことになります。

※法人(個人事業主)に貸す場合には20.42%的源泉徵收稅、於隔年稅金申告時申請退稅。(翌年3月15日まで)

事業税(地方税)

貸している不動産が一つの場合には事業税はかかりません。ただし、10室や20室などたくさんの不動産を貸している場合には、事業税がかかることもあります。

消費稅(国税・consumption tax)

住居用の不動産を貸している場合には消費税はかかりませんが、例えばオフィスを貸している場合などは消費税に注意してください。

年間の売上は1000万日本円を超える場合には、2年後に課税事業者となり、消費税が発生します。

住民税(地方税)

日本に住所がない方は、日本の住民税はかかりません。

不動産を売る場合、日本で税金の申告が必要

日本にある不動産を譲渡して利益が出た場合には、日本で確定申告をする必要があります。

日本での税金の計算上の利益とは、

売却額から取得費や譲渡費用を引いた金額となります。

取得費は減価償却の計算が必要となりますので、ご注意ください。

金額が大きい場合には売却額のうち一定額が引かれて入金されることがあります。源泉徴収と言います(10.21%)。

その場合には支払調書といった書類を受け取ってください。

まとめ

当事務所は日本の東京にある税理士の事務所です。

当税理士事務所では、日本での不動産所得や譲渡所得の税金の申告・申報のご依頼を受け付けております。

料金は79,000日本円(+消費税8%)〜となっております。

お気軽にE-mailにてご依頼ください。

お電話・お問い合わせフォームはこちら

当税理士事務所へは
お気軽にお声がけください。

個人事業経営の税務管理なら所得税に詳しい当税理士事務所までご依頼ください。個人事業の税理士顧問契約、確定申告代行、創業融資サポートなどを行っております。

初めての方もお気軽にお電話ください。

03-6712-2681

受付時間:9:00-18:00(原則:日、祝休み

土曜日は、お休みを頂戴していることもございます。